スロット ガルパン劇場版 設定示唆

スロット ガルパン劇場版 設定示唆

 そしてこのお姉さん、名前をララさん

ララさんは魔術師団の中でも、指折りの常識人! パッと見真面目なリーマン風のブラン様ですら、上官を躊躇いなく抹殺しようとする集団の中でな…

 だがまあ…いつまでも子供のように拗ねるのはやめよう

 ハッキリ言って、アレがここの日常

常識なんだ

あなたも好きかも:荒本 パチンコ
そこに僕みたいな部外者が、「やめなさい!」なんて言う資格は無い

 でもせめて、僕がいる時はしないで欲しいなあ!!「もう…それで、もう僕に聞きたい事はありませんか?」「!うむ、協力感謝する!!」 勢い戻った…もう少し不機嫌なフリしときゃよかった…

あなたも好きかも:パチンコ 高島平
エリゼも苦労してんだな

 今は3時半、兄様のお仕事は5時まで

あなたも好きかも:ぱちんこ ゴッド 潜伏
まだ時間あるな、ルシアンの部屋に行こっかな? そろそろここを出ようと思っていたら、ブラン様が控えめに声を掛けてきた

もう怒ってないってば

「もしもラサーニュ君さえ良ければ、仕事としていくつかヘルメットに魔術を掛けてくれないか? 工事現場の事故、災害時の二次災害

それらを防ぐ為、作業員の安全の為に…どうかな?」 仕事?仕事か…僕の魔術が仕事になる日が来るとは、思いもせなんだ

 ……手に職をつけるのはいいかもしれない

それが誰かの助けになるのなら尚更

 それに彼らの反応からして、最初から僕にそう頼もうとしてたのかもしれないし

「分かりました