6のつく日 スロット 岐阜

6のつく日 スロット 岐阜

「タクヤ、観念してステラに教えてくださいっ」「で、でもなぁ…………」 その窮地を生み出したのは、今から3分ほど前にタンプル搭の地下にあるこの執務室を訪れ、休憩時間に執務室に観賞用として飾っているモシンナガンを磨いていた時にとんでもない質問をぶちかましてくれたステラである

 この質問に答えるべきなんだろうかと思いつつ、ちらりと隣の机で予算に関する書類をチェックしているラウラを見る

彼女はサインするのを一旦やめてこっちを見ながら微笑んでいるんだけど、ラウラはどうするべきだと思ってるんだろうか

あなたも好きかも:生活保護 実態 パチンコ
 弾倉の中を磨くのを止め、ライフルを机の上に置いてから頭を抱えた

「ステラ、まだ早いんじゃないか?」「何を言っているのですか

ステラはもう38歳です

子供じゃありませんっ」 た、確かにお前はもう38歳―――――――封印されていた年月も含めれば年齢がもっと凄いことになる―――――――だけど、サキュバスにとっては38歳はまだ子供なんだろ? ダメだ、この質問には答えられない…………

 首を横に振ろうと思ったが、仕事用の机の前に立っているステラが頬を膨らませながら真っ直ぐにこっちを見つめているのを目にした瞬間、覚悟があっという間に消滅してしまう

あなたも好きかも:スロット カウボーイビバップ 天井
 分解していたモシンナガンの部品を取り付けてから、それを壁にかけて誤魔化しつつ俺は溜息をついた

あなたも好きかも:カジノ 稼ぎ方 グラブル
「タクヤ、教えてください!」 いつの間にか俺のすぐ隣に立っていた小柄なステラが、小さな手でコートの袖をぐいっと引っ張りながらそう言う

彼女の見た目は幼女だけど、信じられないことに機関銃や大型のガトリング機関砲を平然とぶっ放せる筋力の持ち主なので、今のように引っ張られると転倒しないように踏ん張らなければならなくなる

 もうちょっと手加減してくれよと思いつつ今度こそ首を横に振ってやろうと思っていると、ステラがさっきと同じ質問をまたぶちかました