アクエリオン スロット アプリ

アクエリオン スロット アプリ

そういう意味では彼女らを敵対させるような扱いをするのは問題だ

公也も別にそうするつもりはないが、あまりに不満を持たせるようなことをするのはよくないだろう

「まあ、ともかく頼む」「わかったよ」「うむ」「それじゃあ戻るか……今回はかなり疲れたな」「なのですね……」 公也たちは魔法によってアンデールへと帰還する

いろいろとあったがこの帰還に関しては本当に直ぐ、一瞬である

行きは大変でも戻りは簡単、そういう点では楽でいいだろう

あなたも好きかも:釣り スロット カジノ
本当に今回は苦労するようなことが多く、この状況に至るまでいろいろとあった

あなたも好きかも:スロット 鬼浜 愛 中段チェリー
得た物もまあまああるものの、苦労はかなりのものである

もっとも、公也以上に苦労している人物もいる

公也はそのあたり忘れている……邪神とかそういう存在と戦って他のことを覚えている、意識できるかといえばできないので仕方ないとはいえ……忘れて戻ってしまったことがどういうことになるか……余所から見れば面白い出来事、になるだろうか

公也は強い

魔法に長け、様々な存在を食らい力を得てそれらを扱える

あなたも好きかも:カジノ 推進 法案
肉体の力はこれまで食らった物質総量に応じて強化され、魔力は喰らった存在の持つ魔法総量に応じて上昇している

存在の格と言えるものも持ち得る邪神から受け取った力も含め様々な要素がその存在の補強の元となり、この世界における最大級の存在の強さを持つ

それがゆえに公也は大体どんな相手でも負けることがない……まあ勝ち負けという点では<暴食>他その持っている技術や力でどうとでもなる部分と死なないという点でほぼ負けがないのでいいのだが、それとはまた少し違う話で気圧されることがない、というか、圧倒的強者を前に固まるとか圧に負けて逃げるとかそういう話がない、というもののことである

一応全く気圧されることがないというわけではない

かつてのハーティアの王メルキセド相手ではその持つ威圧感に緊張するようなことはあったし、直近で戦った邪神の力を持つ存在に関してもその邪神特有のものはともかく、その強大な存在を相手に気圧される、気合負けするみたいなことはなかった

自分も強者であるがゆえに相手が強者でも同格の相手ということになる……まあ公也は普段強者の気配を発揮するようなことはないが

 そんな公也であるが、今回極めて強大な相手を前にしている

ガタガタ震えることはないが、なんというか凄く気圧されている感じのする状況……周りも思わず公也とその相手の周りには近づけない、間に入ることのできない、そんな空気を出すような圧倒的強大さ感