キャンセ レーション

キャンセ レーション

ですが、そうですね……邪神のことも心配ですし、私にも全力で修行をつけていただけませんか?』 そうだ、邪神との対決では、ありすはミヅハに守ってもらうことになる

ミヅハの強化も必要だろう

「全力か……死ぬかもしれないぞ?」『ふふっ、お兄様になら殺されても構いません』 異空間には、しばらくの間、ミヅハの絶叫が響き渡るのであった

「やっほー! 先輩、愛しの美琴ちゃんが来ましたよ?」 嬉しそうにバアアンッ!! と扉を開けて入ってくる勇者美琴

「おおっ、来たか美琴、よしっ、修行始めようぜ」 当然のことだが、勇者の存在は大きい

あなたも好きかも:gggg パチンコ 甘
俺にとっての最高戦力の一人であり、何といってもミコトさんが一緒だからな

邪神との対決に向けて、美琴の強化はマストともいえる

「……先輩、せっかく二人きりになれたんだから、もう少しムードとか……ふえっ!?」 美琴をお姫様抱っこですばやく抱き上げる

「それは申し訳ございませんでした

あなたも好きかも:flash スロット 作り方
俺も嬉しいよ美琴

あなたも好きかも:外国 スロットマシン
愛してる」「い、いや、そんないきなり何言ってるの……んむぅ!?」 赤くなって慌てる美琴の唇をふさぐ

『美琴……俺、早くお前と修行したくてたまらないんだ』『なっ!? し、仕方ない先輩……うん、私も』「うはああああああ!? ど、どうしたの!? き、今日の先輩激しすぎ……こんなの死んじゃうよ!!」「邪神に対抗するためだからな、まだまだ行くぞ?」「ひぃう!? ち、ちょっと待って、それ以上は……んふうううあああ!?」『美琴さま、無防備すぎますよ? ほら、ここも、こちらも!!』 途中から参戦してきたミヅハも容赦がない

執拗に美琴の弱いところを攻め立てる

「だめだめだめええええ!? もう無理だからあああああ!?」 美琴が気絶したところでようやくミヅハの手が止まる

勇者である美琴は、痛めつけられるほどに力を増してゆき、その上限は基本的にない

だからこその攻めではあるが、我が妹ながら凄まじかった

『お兄様、さあ神水を

次はもっと攻めませんと……ふふふ』 ちょっと待て、ミヅハお前なんか楽しんでないか!?『そんなことはございません

お兄様のお役に立てているという事実がたまらなく嬉しいのです』 そ、そうか……もう何も言うまい