新潟駅 パチンコ おすすめ

新潟駅 パチンコ おすすめ

このおじさん、キャラクリとかさせたら凄そうだ

「わ、私にこういうのは……」「えー、似合うと思うけどなぁ……」 ぼそっと呟いたつもりだったのだが、いつかオックスに注意しようとしたことを自分で忘れていた

コイツは耳がとても良い

耳と言わず、目も鼻も

だから僕のそんな感想もしっかり耳に届いた様で、頰を赤らめて焦った様子でこちらを振り向いた

「なっ……そ、そうかな……?」「おふぅっ……その反応は想定してなかった……」 僕のハートにクリティカルヒット! え? 言い回しがダサい? ほっとけ! 嬉しそうに髪をクルクルさせながら髪飾りを眺めるミラの仕草が、とてもこう……キュンキュンしちゃう! えっ? 古い⁈ まじか⁉︎「…………じゃあ……」「お、毎度あり

あなたも好きかも:パチンコ 連打 コツ
こっちもオマケしとこうかな

あなたも好きかも:パチンコ やすだ 池袋
仲良しは良いことだ、良いことだよ」 そう言って、髪飾りのリボンに縫い込まれた小さな宝石……だろうか? 安物だし、案外プラスチックかも

いや、そんなのがあるか知らんが

あなたも好きかも:パチンコ イーゴス 高槻
ともかく、綺麗な赤色のキラキラした飾りとお揃いの、小さな赤い石のネックレスを一緒に袋に入れてくれた

そ、それって……その、おじさんは僕らのことどう見てるんだ⁈ 兄妹だよね? お兄ちゃんっ子な可愛い妹だよね⁈「えへへ……ほら、早く帰りましょ!」「お、おう……」 大事そうに紙袋を抱き締めて、ミラは空いた方の手で僕を引っ張って歩き出した

おじさんにお礼を言って僕も彼女の後に続く

いや、その……さっきの反応はその…………そういうこととして受け取って良いの⁉︎ ねぇ⁉︎ 病院へ戻ると、オックスはもうすっかり眠ってしまっていた

無理も無い、魔力切れと言うのなら相当な疲労感があるのだろう

活発なミラが指一本動かすのも億劫になると説明してくれたからこそ、彼をそっと寝かせたまま静かに立ち去る選択肢を選んだ

「…………どう? ちゃんと似合う?」「んふぅ——っ