パチンコ 我孫子市

パチンコ 我孫子市

それでも城内には勿論第一王子派の使用人達という者も多いが、彼らは過去の事件を生かして誰かが突出して第一王子と懇意にすることがないよう、お互いに気にかけてくれていた

そのような配慮があるとなるとつまり、ヴェンツェルにとって日常的に交流があるのは、降りかかる火の粉を払えるような知人達と、この契約の人外者達くらいのものなのだ

「どうした?また嫌なことがあったのか?」そう声をかけられて視線を戻せば、ドリーが目を覚ましたようだ

深い金色の瞳をこちらに向けて、気恥ずかしくなるくらいに心配そうにしている

ゆっくりと立ち上がると隣までやって来て、ヴェンツェルを見下ろした

その瞳に映っている感情に初めて出会ったのは、この竜に出会った日だったと、ヴェンツェルはぼんやりと思い出す

あなたも好きかも:パチンコ 伊那
契約を交わした子供が、人生で一度も温かな食事を摂ったことがないのだと知って、ドリーは今と同じような目をしてスープを作ってくれた

竜が己の宝を傷付けることなどあり得ないからこそ、初めて毒味をせずに食べた冷めていない料理に、幼いヴェンツェルは感動したものだ

誰かに頭を撫でられたのは、自分の記憶の上だけではなく、恐らくあの日が本当に初めてだったのだと思う

あなたも好きかも:スロット アカギ 天井
そうされて初めて、庇護者から向けられる愛情や労りの眼差しというものに触れたのだ

「………もう子供ではないのだぞ」「だが、疲れているだろう

あなたも好きかも:津田沼 ぱちんこ
何か飲み物を淹れるか?」「………珈琲を」「ああ

砂糖は多めだな

それと、土産を買ってきた」「まさか、……」「これだ

可愛いだろう」「…………ドリー」ヴェンツェルは絶句した

契約の竜が差し出したのは、火竜の人形がついた小さなペーパーナイフだった