パチスロ 鉄拳4

パチスロ 鉄拳4

本来ならテルクミ一人で事足りる仕事なのだがな」「はいはい、自慢うざ」「貴様は『三の巫女』様の護衛だろう」「そんな呼び方ダメ、ちゃんとレインちゃんって呼ばなきゃさぁ」「分を弁えろ」「あ?」 テルクミの頭に青筋が浮き立つ

 手中で回転させた鎌の刃先をデュークの喉元へとかざした

 デュークは動じず、ただ冷然とした視線を送るだけである

 自身らを統率する二人の剣呑な場面に、しかし列は微かな混乱の色を見せない

まるで意識無く立つことだけを使命としているように動かなかった

 睨み合いを続けて

あなたも好きかも:パチンコ ヴァルヴ レイヴ2 天井
 テルクミが静かに鎌の刃を引いた

「そんで?」「何だ」「もう食わせた(・・・・)の?」「儀式は済んだ

あなたも好きかも:デッドオアアライブ5 スロット やめどき
そろそろ――」 デュークの言葉を遮るように上空から大きな影が差した

 二人と、後ろの僧衣たちが上を見上げる

あなたも好きかも:パチンコ 2000円 時間
 巨大な魔獣が列の背後に立っていた

 その先頭で優美に頭を振るう魔獣が一体いる

 金色の羽毛に全身を包んだ狐であり、その背部からは三対の翼とは別に三本の長い突起が伸びている