大丸 東京 バカラ

大丸 東京 バカラ

「ふっ……それが……いいのだ……常々…… そう……言っている……が?」「はぁ、茶番はもう沢山ですよ

 ただでさえ、彼らの狭い倫理観に合わせて 窮屈しているのです

 散った共鳴粒子のえり分けは済みましたね? では、物理体に入れますよ?」「……任せろ……」……「ナーニャ!!」思いっきり上半身を起こすと体の節々が猛烈に痛む

あなたも好きかも:トップをねらえ パチンコ
長方形の黒い金属の台座に寝かされていたようだ

辺りは白い壁で囲まれている

周りには、スーツ姿のアルデハイトとメイド服のマイカが微笑みながら立っていた

あなたも好きかも:逆襲のシャア パチンコ やめどき
「どうぞ」アルデハイトは俺に手鏡を渡してくる

「……俺の身体だな……完全に」マイカが噴き出して「あははは……違う……アグラニウスが ……与えた……物理体……ではない」アルデハイトが軽く鼻で溜息を吐いて「私が説明しますよ

 ドゥギ・グ・ラウス人の物理体を タカユキ様に外形を似せてご用意しました」「……尻尾……かわいいぞ……」マイカがニヤニヤして俺の腰の部分を指さしてくる

「尻尾?」尻に、長く赤い先端が金色の毛で覆われた尻尾がついていて唖然として二人を見回す

触ると感触がある

あなたも好きかも:スロット bc
「……知り合い……ドゥギ……グ・ラウス人……担当……だ

 ……サンプル……もらてきた……」「その喋り方いい加減やめません? イライラしてくるんですが」アルデハイトがマイカの会話に割り込んで「つまり、バウスマーの母星で閉じ込められている 強力な人種の物理体です

 アグラニウスが与えた各種制限付きの物理体より 遥かに強くなっていますよ」「……なんか、モノを消滅させる力とか そういうヤバいのを素で使えた覚えがあるんだけど」アルデハイトは薄く笑って「タカユキ様、彼が地下世界で使用していた物理体は アグラニウスが"流れ人"として制限を多数かけた 物理体なのですよ

貴方様に与えたのは本物です

 まあ、どれほど違うか

 いいですか?避けないでくださいね」アルデハイトは俺を台座から降ろして立たせると右手を顔の前にかざした