スロット サブ基板問題

スロット サブ基板問題

「はいそうですかって……、行かせるか! ――マリアも頼む!」「わかってます」 すでにマリアは臨戦態勢に入っていた

いつでも魔法を放てる準備はできていると言わんばかりに、短く肯定する

「ディアっ、もしかしたら、足の一本か二本、斬る! ごめん!」 聞こえているかどうかはわからない

 ただ、これから始まる戦闘で手加減は難しいことを先に言い訳しておく

 僕とマリアの戦意に晒されてもシスは、まだ微笑を張りつけたままだ

あなたも好きかも:ゲームボーイ パチスロ
「んー、ディアちゃんの手前、あなたは後回しにしないといけないのよ

あなたも好きかも:懐かし台 パチンコ
ここは大人しく引いてくれないかしら?」「ここで引くくらいなら、ディアを仲間に誘ってない!!」 そう叫びながら床を蹴って、僕は駆けた

一息の間もなく、シスまでの距離を詰める

その勢いのまま、剣を握っていないほうの手でシスへと掴みにかかる

 シスは後退しつつ、それを慣れた様子でいなした

あなたも好きかも:スロット 将軍 交換率
 一瞬のやり取りだが、明らかな異常だ

目の前にいる存在がディアと同じステータスならば、いまの掴みを避けられるわけがない

速さと技術は圧倒的に僕の方が上なのだ