スロット 神輿 解析

スロット 神輿 解析

あなたも好きかも:武蔵 浦和 パチンコ
「……ルッツはどうした?」「外にいます

森から帰ってきて直接ここに来たので、店に入れる恰好じゃなくて……」 わたしがそう言うと、ベンノは机の上のベルを鳴らしてマルクを呼んだ

「マルク、ルッツにマインの今日の状況と材木屋に行けるかどうか、聞いて来てくれ」「かしまりました」「マイン、お前はここで発注書を書け」 バンバン、と机の端を叩かれたが、わたしは首を横に振った

「えーと、今日は門に行くだけの予定だったので、発注書セットを持ってないんです」「……ここにある」 ベンノが木札とインクを出してくれたので、その場でわたしは発注書を書き始めた

「ベンノさん、鐘一つ分燃やせるだけの薪が欲しいんですけど、何て書いたらいいですか?」「そのまま書いておけ

多少、余裕を持たせて売ってくれるさ」 はい、と返事しながら、書いていると、ルッツに話を聞いたマルクが戻ってきた

「マインはこれ以上出歩かない方が良いそうです

発注書が書けたのなら、私がルッツと行ってまいります」「よろしくお願いします」 マルクに書きあげた発注書を預けて見送ると、ベンノはわたしに木札を数枚渡してきた

「暇なら読んでおけ」「喜んで!」 それは商人の心得とも言うべきもので、契約に関するあれこれが書かれている木札だった

あなたも好きかも:パチスロ 涼宮ハルヒ ポイント
 字を読むことが嬉しくて、ふんふんふふーん、とわたしは鼻歌混じりで目を通していたが、読んでいるうちにどんどん頭の中に疑問符が浮かんでくる

「ベンノさん、さっきの薪代って、先行投資に入るんですか?」「……」 無言でベンノはわたしに視線を向けただけで、何も答えようとしない

あなたも好きかも:自宅 パチンコ 部屋
「それに、ちょっと不思議に思ったんですけど、ベンノさんはこの間、試作品ができたから先行投資は打ち切るって言いましたよね? でも、契約魔術では洗礼式まで、じゃなかったですか? 大きい簀桁の代金も、実は先行投資に入りません?」 ベンノがわざわざ契約に関する木札を読ませる意味を考えているうちに、一つ思い当たったのが、契約魔術の内容だった

「……ちっ、気付いたか」「なんで騙すんですか!?」「別に騙していない

試しただけだ