スロット スターオーシャン4 評価

スロット スターオーシャン4 評価

 ですが小説でそれをやると視点がブレたように感じられるのです

 ですからできるかぎり小説内で視点を持つ人物が自分のことを名前で呼ぶことはやめましょう

もちろん意図があってやるぶんにはかまいません

あなたも好きかも:まどか マギカ スロット エピソード
 一人称視点においては視点を持つ主人公の「心の声」「感情」「五感など」を直接書くことができます

 しかし主人公以外の「心の声」「感情」「五感など」は主人公からの見た目でしか書けません

あなたも好きかも:ff14 メインクエスト ルーレット スキップ
 もし主人公以外の「感情」を書いてしまえば「主人公は超能力者」ということになってしまうのです

 以下は主人公が「超能力者」でないことを前提として書いていきます

 皆様は自分の他に誰もいないときに声を出して話をすることはまずありませんよね

 『吾輩は猫である』でもこの後は心の声が続いていて声を立てて誰かに伝えているわけではないのです

 このように主人公の「心の声」を直接書ける点で「一人称視点」は優れています

 また主人公の「感情」「五感など」を直接書けるのも利点です

あなたも好きかも:スロット まどマギ aタイプ
 この「心の声」「感情」「五感など」を読ませることで、読み手を主人公へ感情移入させるよう誘っていきます

 「三人称視点」は「神の視点」以外では心の中を書けないので主人公に感情移入しづらいのです

 さらに「神の視点」ではすべての人物の心の中を覗けるため全員が思っていること考えていることが読み手にバレてしまいます

それでは読み手はハラハラ・ドキドキしません

 でも「一人称視点」は主人公の心の中「だけ」を知ることができるので主人公に感情移入しやすいのです

 ですから現在の小説はほとんどが「一人称視点」で書かれています

 群像劇では「シーン」ごとに視点となる人物つまりシーンごとの主人公を切り替えて都合のよい人物の心の中だけを読ませることもできるのです