モンハン2 スロット 設定判別

モンハン2 スロット 設定判別

そして雰囲気だけでもロックが困っている様子を、グロリオーサという人物にしては珍しく察して、今度は彼が口を開いた

『―――俺がマーサの片付け手伝うから、ロック君は修繕道具に片付けたらいい

晩飯、食うにしても食わないにしても、マーサの料理は旨いからさ、教えて欲しいんだ

帰りを待っているトレニアやバロータ神父にも、美味しい料理を作ってやりたいし、楽しかった事を話してやりたいんだ』グロリオーサのそこまで言った時には、アングレカムが盛大に眉を潜め"無神経!"といった具合に親友を睨み、グロリオーサの話を聞いてマーサが再び軽くぎこちない動きとなって――――(うーん、これは困った

あなたも好きかも:討鬼伝 スロット
俗に言う"三竦(すく)み"という状況なのかな、これは)ピーン・ビネガーは"困った"と思いながらも――この状況に上がった口の端を隠す為に思わず手で抑え、目元は笑みの形を作りそうなのを必死に堪える

白髪の頭の中で、状況の整理を簡単にする

あなたも好きかも:まどマギ パチスロ
ピーンがまず、客人とガッツリ話したいから(本音でもあるが)夕食の準備を含めてマーサに気を使って、退出を促した

恋心に疎いロックだが、ピーンが話しやすいように、及びマーサが退出をしやすくなるようにと、手伝いを始める

そういった配慮を見て、アングレカムもピーンと"ガッツリ"話す気持ちにもなったのかもしれない

それに、アングレカム自身にもグロリオーサに聞かれては多少面倒くさい話もあったのだろう

親友も退出しやすいように、中庭では剣を交えるような出来事もあったが、基本的には互いに"世話焼き"という面を感じて、相性は悪くはない――執事に目をつける

ある意味では性格の共鳴(シンパ)を感じてもいたロックに、"少し"面倒かも知れないがグロリオーサを"一緒"に連れだして欲しいと"頼んだ"

ところが、ロック自身もアングレカム・パドリックに対しては互いに良い印象を抱いているのはわかっていた

しかし、執事本人にも理解に苦しむくらい、実は一般的には受けの良いグロリオーサという人物を、ロックが"苦手な"事は、流石に伝わっているわけもない

またビネガー家の執事として、賓客が苦手だなんて態度は―――アングレカムがグロリオーサの親友というのもあって――とても失礼な事にもなるとわかってもいるので、狼狽する

その狼狽する執事を見て、全体的に鈍い領主の賓客――グロリオーサは、鈍いなりにこの2週間で執事の青年が、自分の事をどうやら"好きではない"事に気がついてはいる

しかし、彼が仕事に公私混同を持ち込まない事をわかっている

好きではない相手でも、複雑な屋敷で賓客が迷子になっていたならば、ロックは仕事の最中であろうと、"旦那様の恩人の方を無下にしては、執事として失格ですので"と、指示できる使用人もいるだろうに、ワザワザ自分で遠方から駆けつけて、グロリオーサが分かる場所まで案内をしてくれていた

口では澄ましていながら、執事がやいてくれる世話は懇切丁寧でだった