カジノ 事業

カジノ 事業

本来、俺達の立場からすれば、彼への接点はないはずだろうからね

あなたも好きかも:スロット 吉宗 攻略
「一度だけあったことがあるの

ほら、魔人討伐した時に開いたパーティーの時に……」 そう、あのパーティーの時に挨拶してきた貴族の一人だった

暗闇に灯る一時的な小さい火で周囲が照らされなくても、夜目が利く彼らにとっては全貌が見渡せる

完全燃焼して炭になってしまった建物の残骸も、戦闘の熱気に隠されることがない風の流れも、あるいは空から落ちる小雨も、全てを感じ取れる上に見えていた

「……」 泥の汚れを拭おうともせずに煙草を口にしたジニーは塀を背にして紫煙を吐き出す

睨み据えるは敷地のほぼ中央、数箇所の破れが見られる衣服が風に揺らされるのを感じながらも、雨ではなく疲労によって重くなった躰を正確に把握する

あなたも好きかも:ギアス スロット ゼロレクイエム
 ――六割くれェはいけるか

 落ちる吐息が熱く、壁を背にしていなくては足が崩れ落ちそうなのにも関わらず、自己評価は五割を超える

これは期待値ではない

「――っ」 隣、塀に背中からぶつかったハインドがずり落ちるのに合わせて、ジニーは橘零に向かって飛び込んだ

 七時間、いや八時間になるくらいか――二人がかり、長期戦を考慮して交互に戦闘を構築していはいるものの、まだ終わりが見えず、またここまで本格的な長期戦になるとは思わなかった

 背中への衝撃で呼吸が一瞬だけ停止したが、塀に手をついてどうにか躰を起こしたハインドは咳き込み、血反吐を口から落としながらも立ち上がる

 ――これは戦闘などでは、ありませんね

 認定試験会場では確かにベルたちに敗北を喫した

けれど、あくまでも試験という縛りの中での戦闘であったため、それなりに力を抑えていたし、それはベルたちも同じだろう

 今回は仕事

殺しではないにせよ、束縛は少ない

 ――冷静に