バイオハザード7 スロット 実践

バイオハザード7 スロット 実践

道に並ぶ露店や往来する人の数もまた、小国としては珍しいほどの賑わいようだった

 ヨンは嬉々として路地を歩む

あなたも好きかも:香港 空港 フェリー マカオ
 片っ端から路傍の露店を訪ねた

 すでに両腕には一人で抱えるには多い量を擁した紙袋が抱かれている

あなたも好きかも:パチンコ 高継続タイプ
一歩を進むたびに転倒しないか危ぶまれる足取りだった

 その後ろを

あなたも好きかも:パチスロ ゴッドイーター荒神ver
 少し遅れて二人が随いていく

 ミストは頭上を振り仰ぐ

「エリヤの眼下で、呑気ですね」「そうかね」「そうでしょう」 ミストから笑顔が消える

 初めて険のある表情へとなった

 エリヤによる大気圏からの奇襲は、不可避と言わしめるほどに速く、必殺とされている

あの魔獣ミーニャルテと同等の光速の行動速度を有しているのだ

彼らは人を襲わないが、エリヤは人の肉を好む悪魔である

 大陸の慣用句に

 常識として『エリヤの下』があった

 この含意は、頭上からの危機だったり避けられない死を示す

 それほどに危険性は知れ渡っていた

 この街の賑わいはそれを忘れさせる

 エリヤを視認できる距離にありながら、逃げ惑うことも絶望することもない