サラリーマン番長 スロット 天井

サラリーマン番長 スロット 天井

とはいえこのまま射撃戦に甘んじていても状況は先に進まない

文や倉敷が敵魔術師を牽制していられるのも時間の問題だろう

相手の防御能力は把握できた

この辺りでいったん攻勢に出る必要があるだろうと、康太は姿勢を低くして自らの体から発生している電撃を強めていく

明らかな攻撃態勢に入ったのだと、相手も理解したのだろう、障壁を展開し、どこから攻撃が来ても良いように身構えながら康太へと攻撃を仕掛けていた

あなたも好きかも:パチンコ 使ってはいけないお金
器用に障壁の魔術に穴をあけた瞬間に光の筋の魔術を放ってくる

あなたも好きかも:パチスロ 情報
これに関しては何十何百と訓練したのだろう

動きに淀みがなかった

だがまだ距離がある状態では康太も射撃攻撃に当たることはない

いかに速度があろうと直線でしか襲い掛かってこないのであれば恐れる必要はない

康太は大きく深呼吸して身体能力を高めながら噴出の魔術を使用し彼我の距離を一気に縮めていた

あなたも好きかも:真 北斗無双 パチンコ 天井
康太が近づいて攻撃してくるタイプの魔術師であると相手もようやく理解したのだろう、幸彦の時のような失敗はしないと考えているのか、徹底して康太を近づけないようにする作戦に出た

光の筋だけではなく、単純な射撃魔術も混ぜてきている

威力の低い弾幕と、高い威力を誇る一撃を牽制として使うことで康太を近づけさせないようにするつもりのようだった

幸彦のように重戦車のような戦いを好む魔術師であれば、この攻撃に対して適切な回避や防御を行えなければそれだけで倒す事もできただろう

だが康太はとにかく相手の攻撃を避け接近するという戦い方を好む

弱い攻撃がどれで強い攻撃がどれであるのか直感的に理解できていた

ウィルの鎧と双剣笹船によって弱い攻撃を徹底的に撃ち落としていき、当たってはいけない攻撃だけは徹底して回避していく

回避に専念していた魔術師と普通の魔術師では攻撃に対する嗅覚が違いすぎるのだ