大野 屋 パチンコ

大野 屋 パチンコ

軍団長や大軍団長とはまったく違うものだけれど、屋敷でくすぶっているよりはいいんじゃない?」「ああ、ああ! そうだ、そうだな!」 リュウイが喜悦満面の表情を浮かべ、得心するのを見つめながら、ミリュウは内心、ほっとした

彼が想っていた通りの人物で良かった

あなたも好きかも:営業 サラリーマン パチンコ
もしこれでかれが納得してくれなければ、別の交渉手段を用意しなければならないところだった

あなたも好きかも:牙狼 パチンコ 新台 期待値
 領伯の権限で敷地を召し上げるということもできなくはないが、そんなことをすればどうなるのかがわからないミリュウではなかった

龍府を巻き込んだ騒動に発展することくらい、想像に難くない

「で、どうするの?」「……わかった

屋敷をおまえに明け渡そう」 といって書類を机の上に戻したリュウイの顔は、晴れ晴れとしていた

眉間の皺が薄れ、表情全体が柔らかくなっている

あなたも好きかも:スロット スーパーストリートファイター
未来が開けたということが余程嬉しかったのかもしれない

「しかし、ひとつ問題がある」「住む場所はどうすればいいか、ね?」「ああ

わたし個人はどうとでもなるが、家族や郎党、使用人たちのこともある」「使用人の何人かはあたしのほうで雇い直してもいいわよ

どうせ、屋敷の方の維持は任せなきゃならないし」 屋敷と敷地を譲り受けたところで、ミリュウが利用するのは屋敷の一部と敷地の一部でしかない

使用しない部屋や通路は、放っておけば埃も積もるだろうし、屋敷を維持するためにも人員を雇っておく必要はあった

 リュウイが、不思議そうな顔をする

「ん?」「こっちの話」「ふむ……まあいい

問題はわたし自身と、残りのものの身の置き場だな」「まあ、急ぐ話でもないし、ゆっくり考えればいいわよ