パチンコ ゲゲゲの鬼太郎 初代

パチンコ ゲゲゲの鬼太郎 初代

 テーブルに並んだ料理に手をつけながら、マリアとスノウと陽滝の三人は明るい未来について話をしていく

 その談笑の中、僕は余計なことは何も言わない

 もう言う必要がなかった

あなたも好きかも:パチンコ 収支 期待
 そして、穏やかな時間を味わうだけの時間が過ぎていき、マリアの用意した夕食は終わった

 十分に話し尽くしたであろう陽滝は、最後にコップ一杯の水を飲み干して、別れの挨拶を切り出していく

「――ああ

あなたも好きかも:ポケモン プラチナ スロット ピッピ
いつの間にか、こんなに暗くなってますね

……それでは、そろそろ失礼しますね

とても美味しかったです、マリア」 食事のお礼を言って、席を立つ

 それにマリアは笑顔で、「また来てください」と答える

 去ろうとする妹の陽滝

あなたも好きかも:パレス パチンコ 掲示板
 その後ろに兄の僕は――「陽滝、今日僕はここに泊まっていこうかなって思ってるんだけど……」 ついてはいかない

 その発言に当然ながら、家主たちは驚く

「えっ!?」「カナミさん……?」 スノウは単純に喜び、マリアは不思議がった

 僕の言葉の裏を理解していたのは陽滝だけだった

「ええ、わかっています

ここがアルティの最期の場所だったのは聞いています

そして、彼女の全てを受け継いだマリアさんも、ここにいます