緋弾のアリア スロット 設置店

緋弾のアリア スロット 設置店

(何か、ちょっとだけピリピリする)精霊に敏感なリリィは既に、アプリコットの周りや鳶色の男の周りに"強さ"を好む小さな精霊達――小さな火のトカゲや、炎の蝶――が集まり始めているのに気が付いた

「やれやれ、まだ戦いを始める訳でもないのに」「仕方ないでしょう、私と貴方の雰囲気に引き寄せられているんでしょうよ」鳶色の男は肩に登って来ていた火のトカゲを指先で摘まんで、石畳の上に下ろしてやっていた

アプリコットは自分の周りを舞う、炎の蝶を口元に苦笑を浮かべて眺める

あなたも好きかも:パチンコ 甲府
「ロブロウ領主殿、策の変更を願ってもいいかな?」「如何様に?」アプリコットの返事を聞いて、鳶色の男は紅黒いコートを纏った腕を組んで話し出す

「午前の内に、豪雨のお陰で河川が氾濫しそうなのを、領主殿がグランドールに頼んで、浚渫《しゅんせつ》する予定でしたよね?」アプリコットはゆっくりと頷いた

あなたも好きかも:エヴァ 真実の翼 天井
「雨はやんだけれど、河川が本当に氾濫一歩手前だと先程また連絡があった

あなたも好きかも:モバイルカジノ ウイルス
だから、仲良く就寝中の大農家殿に申し訳ないけれどお願いして、私が補助をして、不動明王を降臨させ、浚渫《しゅんせつ》を共にしようと考えている」「―――仲良く、知っているんだ?」リリィには理由が分からないが、アプリコットの言葉に鳶色の男は驚きの声を上げていた

「代理でも、領主ですからねぇ

で、浚渫の方法でも変更したいのかしら」「Bingo」そう言って鳶色の男は、指を慣れた様子で弾いた

(あっ、賢者さまと同じ魔法の使い方だ)鳶色の男が何らかの魔法を使ったのもわかるが、使う仕草はリリィが敬愛するウサギの賢者と同じモーションだった

ウサギの賢者を思い出し、寂しさが波のように心にやってくる―――リリィはそう覚悟したが、"波"は全くこなかった

(あれれ?)寧ろ、凄く安心をしている自分がいる事にリリィは驚いていた

(どうしてだろう?)リリィが考えている間も鳶色の男と、アプリコットの会話は続く

「正直いって、私が大農家殿の補助をするのは不安がある