にゃんこ大戦争 スロット いつ

にゃんこ大戦争 スロット いつ

 当然のように宝玉がどういった仕組みで成り立っているのか、ずっと研究されてきた

 ところが、その苦労をあざ笑うかように、全く調べを進めることが出来ない

仕組みを理解するどころか、どういった力で動いているかすらわからないのだ

 その一族における長年の研究をあっさりと考助が、この数日で覆したことになる

あなたも好きかも:ラン スロット アルビオン ロボット 魂
 自分の様子を見て首を傾げた考助に、シュレインはそう言ったことを熱弁して語った

あなたも好きかも:スロット ライン数
「ああ・・・つまりは、ぽっと出の自分みたいな者に、解き明かされると困ると?」「違う! 今更コウスケのことをあーだこうだいう者など、一族にはおらんよ

そうではなく、そのコウスケが今まで解き明かせなかった謎を解き明かしたことの方が問題になるかの」「えーと、つまりは?」「コウスケは、今以上に一族の者に敬われることになりかねん」「ああ、なるほど

・・・でも、それって難しいと思うけど?」「・・・なぜかの?」「神力を使いこなせないと、調べることすらできないから」 要は、現状考助以外に、確認することが出来る者がいないという事だ

 勿論、神域から神の一柱でも呼んで来れば話は別になる

「ああ、そういう事か」 シュレインは納得したように頷き、その後項垂れた

 神力を使っているという事は、当然神具という事になる

 ということは、例え研究が進んで仕組みが分かったところで、複製することなど不可能だという事になるわけだ

あなたも好きかも:北広島町 パチンコ
 そもそも一族の者が宝玉を研究をしていたのは、複製を目的としていたので、それが出来ないと分かったことになる