オメガ パチンコ

オメガ パチンコ

そんな理由で「剣と魔法のファンタジー」を選んでいませんか

 残念ですが、そのような方はいくら頑張っても、小説投稿サイトでトップランカーになれないし、大賞も獲れないし、「紙の書籍」化にかすりもしないのです

 小説投稿サイトで「剣と魔法のファンタジー」を数多く読んでいる方から見ても、あなたの作品にワクワク・ハラハラ・ドキドキを感じない

これでは適性がないと言わざるをえません

「剣と魔法のファンタジー」を心の底から好きで、読み手に伝えたくて仕方ない物語がある

あなたも好きかも:パチンコ 堺 市
だから「剣と魔法のファンタジー」を書く

というのが適性のある書き手です

 小説投稿サイトで人気があるから、ではなく、あなたが書きたいから書くのでなければけっして面白い物語にはなりません

あなたも好きかも:ドラゴン パチスロ
 読み手が楽しんでくれる作品なんて、「プロ」でもなかなか書けないのです

「プロ」は自分の書きたい物語を書かせてもらえない

所属する出版社レーベルから「こういうものを書いて」と言われて、思い入れがなくてもより多く売れる作品に仕上げる、いわば「職工」です

「剣と魔法のファンタジー」で大賞を授かったのなら、出版社レーベルから求められるのは「剣と魔法のファンタジー」になります

もしあなたが「剣と魔法のファンタジー」なんて好きじゃないのに、なんて思っていたらどうなるか

いつまで経っても出版社レーベルが求めるレベルの作品は書けません

だって適性がないのですから

たまさか受賞してしまっただけで、本当に書きたいものではなかった

そんな調子で「プロ」をやれると思いますか