パチスロ 爆音

パチスロ 爆音

「「地獄の宰相殿、一体どうしたんだか―――」」アプリコットが、ルイと使い魔のカエル、そしてアプリコットの"3回線"を絡まず、混線しないようにするだけでも、それなりに魔力を消耗する

「「アプリコット殿が、動かないように、懸命に抑え込んでいるのもあるんだろうけれどっと、おや?」」《―――私だけの力じゃないわ

と、言うか、何だかネェツアーク殿と同じ様に、地獄の宰相殿も"考えている"状態》絡まない様に、それなりに苦慮している内に、相手側の方が"回線" を伝ってやって来た

あなたも好きかも:化物語 解説 スロット
ただアプリコットは、相手にしている相手が、"相手"なので、殆ど一方的にネェツアークに自分の状況を伝える

《一応、ネェツアーク殿が考える形で一気に片付け様に、こっちの役目をしているつもりだけど

ロブロウ側―――"人"達の方に、貴方達以外の助勢となる存在を、仕込んでいたの?》「「まっさか?!私はアルセンにグランドールの負担を軽くさせる為に―――」」思わず名前を声に出した瞬間に、気がついた

"命令書"を許可した人物―――この国の王様を

「―――"アルセン"様?」シュトを支え、それなりに距離があっても、ルイとネェツアークの二重の声で聞こえてくる名前に、アルスはハッと顔を上げた

それに伴って、アルスに支えられているシュトも身体をビクリとさせる

あなたも好きかも:橋本 市 パチンコ
まだ、決心がつかない状態ながらも自分の傍にいてくれる友人も、気にかけている存在―――アルセンがいるのだと、シュトは思い出していた

あなたも好きかも:スロット 初めて
「悪いな、アルス」言葉が続かない内に、シュトの方が口を開いた

執事見習いの時ではない時の、"素"のシュト・ザヘトの時の、粗野にも蓮っ葉にも聞こえる調子からは程遠い、落ち込んだ声

 「その、アルセン様の名前が出たけれど、状況が動いたわけじゃないみたいだ

だからその、自分の事はいいから―――」友となった人に"大丈夫"や"安心して"といった言葉を、アルスはとてもかけられない

(今の自分が出来ることは本当に、シュトと一緒にいるぐらいしかないな)「すまねえなアルス、情けない所見せちまって

アトに、本当の弟にはこんな姿や、状況は見せられない」再び謝罪を口にする友人に、アルスは頭を左右に振った

「それは、自分も、リリィがいたなら一緒の事を考えるから、気にしなくていいよ」そう言って、2人で今は辛うじて握っている状態でもある銃を見つめた

「"クソガキ"が"ガキ"扱いされちまったけれど、文句言えねえ」そう言って、シュトは自嘲する