カジノ ベージュラベル

カジノ ベージュラベル

あなたも好きかも:岩槻 パチンコ アリーナ
「精神型である貴方が魔法剣士を目指されるのは良いことです

ですが……僕にもできますよ」 勇者の末裔という肩書きの真髄が花開く

「――何をしている」 その言葉が耳に入ってから、理解して気付くのには十数秒を要した

「え……?」 息が荒く、スカートから取り出したハンカチで額を拭きながら凪ノ宮風華(なぎのみやふうか)は休憩室の扉に片手を当てるよう、躰を起こして顔を上げた

「授業中とはいえ校舎の中を走り回るものではないだろう

急いてはことを仕損じる

急がば回れ

あなたも好きかも:ガロ パチスロ 新台
これは何事においても真理だ」 スーツ姿の男は休憩室の扉を開くと、しかし中に入らずに振り向く

 視線の高さがあるため、風華は男に見下ろされている格好になる

あなたも好きかも:ビデオゲーム ロボティクス sp
その冷たい、まるで金属のような瞳から反射的に目を背けてしまったのは、どうしてだろうか

「あ……あたし、急いでるから」「……俺の言葉が聞こえなかったのか? 盲目ならば他の感覚が冴えるが、開いているのに見えないのでは使い物にもならん」「なんでそんなこと、言われないと……」「何をしている」 同じ言葉を繰り返され、おずおずと視線を上げた風華は男を見た

部外者――いや、この学園へは部外者の立ち入りも認められているため、珍しいことではない

ただ、ひどく異質な雰囲気を持っていると風華は思う

 風の刃では切れない、硬さがそこにあった

「……人を捜しているの」「どんな人物だ」「えと、久我山桔梗って言う……学生なんだけど」「無駄な労力を積み重ねるのが捜索か?」 男は、笑いもせずに吐き捨てた