カジノ 赤字

カジノ 赤字

「ここ、元々は鉱石採掘の仕事の人たちの 街でゲスよな?」「そうだね

住人二千人って、データが残ってるよ」「もっと多いと思ってたでゲス」「これでも多いよ

機械を使って採掘してたわけだから

 今度は別の方向に行ってみようか

 そっちの坑道の先は、紫の人型が……あ……」ドロシーは青ざめて立ち止まる

「……あの意志のない人型と、ここで暮らしていた人間の数が 同数だ……まさか……」頭を激しく上下に振りだしたドロシーに俺は「……だから、そういう嫌がらせをするんでゲスよ

 たぶん違うでゲス

あなたも好きかも:大和高田市 パチンコ バイト
変異という可能性では どっちかというと、さっき破壊した肉壁の方が 怪しいでゲスよ……」ドロシーはピタッと頭を止めると「そうだね

意志と人格を喪った後までも 警護対象にはなってないから 私が殺害したことにはならない」抑揚のない声でそう言うと「よし

プログラム修正完了

 探査を続行しよう」水着姿のドロシーの背中を眺めながら「機械人間も大変ですわね……」マロンが呟いて、俺はなんとなく脱力する

逆さの街をまたドロシーの先導で別の方角を抜けると高さ三メートルほどの他と比べると狭い坑道が見えてきた

あなたも好きかも:パチンコ 古い台
「ここの先は、隕石同化層の上層に通じてるよ」「広いんでゲスな」「うん

エレベーターの入り口は一か所だけだけど 隕石同化層自体は、相当に広大だね」「……そんなに……」唖然としていると「特に意味の無さそうなフロアは、私が飛ばしたナノマシンで 予め探査して、省いていくから」「助かるでゲス……」狭い坑道を足早に進んでいくと五体ほどの紫色の悪魔が遠くから弓矢を放ってきた