梅田 禁煙 パチスロ

梅田 禁煙 パチスロ

 ここにはもう滞在する理由はないので、早々に出立する予定だ

 ライアにもギルドに行くことを伝えて、三人は屋敷を出た

 もう死体も片付けられ、兵士も撤収してくれたようだ

 子供たちに留守を頼んで出発しようとした時、屋敷の門の前に馬車が止まった

「誰ですかね?」「あっ」「……何故ここに……」 馬車から出てきたのは、バネップの隣にいた執事のクレイン・デステンバルだ

 そしてリューナも降りてきた

あなたも好きかも:パチンコ 沼 カイジ
 流石にバネップはいない様だが、二人はこちらに向かって歩いてくる

「おはようございます」「お、おはようございます!」「えーっと……公爵家の使用人さんと執事さんが一体何の御用でしょうか……」「ヴェ!?」 公爵と聞いて変な声を出して驚くライア

あなたも好きかも:源さん まとめ パチンコ
 これが普通の反応ではあるのだが……もう少し抑えて欲しい物だ

あなたも好きかも:バカラ クリスタル 花瓶
 コホンと咳払いをしたクレインが、ここに来た理由を説明してくれる

「昨晩の事はここの土地を任されているバネップ様に報告されておりまして……

こうして様子を伺いに来たのですが、まさか貴方がここにいるとは」「と、というか皆さん酷いお怪我をしているではありませんか! す、すぐに治しますので動かないでくださいね!」 小さな杖を取り出したリューナは、レミの近くに来て手をかざす

「聖なる光よ、我を依り代に、傷を癒し給え

ハイヒール」 リューナがそう唱えると、レミが怪我をしているところがポウと白く光る

 すると見る見るうちに傷が塞がって行き、完全に怪我が完治したらしい

 手をを開いたり閉じたりして腕の調子を確かめる

「す、すごい! そっか……だから公爵家で雇われているのね!」「え、えへへ……そうなんです

つ、次の人!」「僕!? いいの!? 大丈夫!?」「ご心配なく