パチンコ ユニコーン ハマり

パチンコ ユニコーン ハマり

そこらにある「エピソード」だけで「あらすじ」をつくっても、どこかの誰かが同じような小説をすでに書いている可能性が高くなります

プロットとは「あらすじ」は「三百枚」を区切って物語になっているように整えることを指しています

 では「プロット」とはなんでしょうか

「あらすじ」で決めた「エピソード」を「場面(シーン)」ごとに区切ったものです

あなたも好きかも:パチンコ rtcとは
そして「場面(シーン)」ごとに状況(シチュエーション)や会話や動作を書き溜めていきます

脚本でいうト書き、アニメでいう絵コンテに当たるでしょうか

「あらすじ」が出来あがっているので、「エピソード」を「場面(シーン)」で区切っていきましょう

 たとえばクライマックスの第五章「主人公たちが魔物のラスボスを倒す」を区切っていきます

あなたも好きかも:パチンコ 検定 通過 情報
「主人公たちが魔物のラスボスの居城までやってくる」「城に入ると強い魔物たちが現れる」「魔物たちを倒しながら先へ進んでいく」「ラスボスのいる場所までたどり着く」「主人公たちの攻撃が通じない」「ラスボスが強力な攻撃を仕掛けてくる」「窮地(ピンチ)に陥った主人公たちが勇気を振り絞る」「ラスボスとの壮絶なバトル」「ラスボスが予期しなかった方法で主人公たちがラスボスを倒す」とこんな具合です

全部で九シーンに分けられました

これで一シーンが原稿用紙「六枚」ほどにまで減ったのです

あなたも好きかも:パチンコ 出玉情報
 この中でも見せ場はやはり「ラスボスとの壮絶なバトル」場面(シーン)と「ラスボスが予期しなかった方法で主人公たちがラスボスを倒す」場面(シーン)でしょう

 今回は後者のシーンを取り上げてみます

ここを重点的に書きたいので他を「五枚」にして残り十枚を使ってもいいですね

 「ラスボスが予期しなかった方法」というのはいろいろとアイデアを出さなければなりません