ラブ嬢 スロット 天井

ラブ嬢 スロット 天井

「紙があれば、どの程度の時間で、用意できる?」「1日あれば」 カガミと相談し、紙さえあれば1日で行進全員のリストを打ち出せることを説明する

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ スロット 掛け金
 打ち出せるとは言わず、魔法で字を書き込めると表現したが、すぐに受け入れてくれた

「では、ノアサリーナよ

幻術でかまわない、紙を作り出せ」「幻術で……ございますか?」 幻術の魔法

あなたも好きかも:呪怨 スロット 青天井
 そんなのあったっけ?「ノアサリーナ様、こちらにございます」 ミズキが知っていたらしい

 しかも準備済み

 ハンカチサイズの布をもってくる

 幻術の魔法はいくつか種類があるらしい

 変装の魔法も、そのうちの一つだとか

「ここに紙を置いて、魔法を唱えるの……ですか?」「左様です」 話の流れでノアが魔法を使う

 意外と簡単な魔法だ

ノアが、ゆっくりと詠唱すると、空から大量の紙がふりそそいできた

「誰が、紙を降らせよと!」「初めて使う魔法なので、失敗してしまったようだな

仕方無い」 クシュハヤートの側近がノアへ大声を上げたのを、クシュハヤート本人がたしなめる

 結構、おおらかな人なのかな

「申し訳ありません」「気にするな