dmmポイント スロット

dmmポイント スロット

「どうします?うるさいから、もう殺します?」ライーザは無表情で尋ねてくる

それを手で制して俺は考え込む

そうか……立場が違うとこうも視点が異なるんだな

器の大きすぎるミサキが、ルーナムの側から見て無能に見えるのは分かるし、俺が何も言わずに半年も居なくなったのもマイカやアルデハイトの反乱分子をあぶりだす策だとしても、人の道としてはやはりマナー違反だし、はっきり言って彼女たちを使っている俺の責任である

焦ったルーナムたちが無茶な行動に出るのも仕方ないよな

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の 拳 強敵 スペック
牢の中で暴れまわる狂ったルーナムに俺は一言、「すまん……悪かった……」と深く頭を下げる

「今更謝られても、王子たちはかえってこないんですよおおおおおおお!!!」ルーナムは再び狂ったように鉄格子を揺らして、俺に詰め寄りライーザが青筋を立てて、「殺しましょうよ?その方がこいつの為ですよ

狂ってる」と聞いてくるが、再び手で制して止める

ため息をついたライーザは、通路の壁に寄りかかって髪をくしゃくしゃと搔く

「ルーナムさん……俺な……ラングラール以外は許そうと思ってたんだよ

 実際、ラングラール軍は全員無罪放免にしたよ」「……」「ラングラールはさすがに裁判を受けて、刑に服さないといけないだろうが、 お世話になったし、皆に頼んで、それも出来るだけ軽くしたいと考えてたよ」これは本当である

あなたも好きかも:相撲 パチンコ 評価
処刑されることがないようにミサキやミイに頼み込もうとしていた

「……」ルーナムは急に大人しくなって泣いているのか後ろを向く

「大老ランハムも本当に殺したの?あの有能なラングラールが そんなことするとは思えないんだが……」「……生きています……

ホワイトリール城の北部の山中の屋敷に軟禁しています」「そうか……良かった