パチンコ ガンダム はまり

パチンコ ガンダム はまり

 ◆??? ちょうど舞踏会のあった頃、とある港に陣をひいた軍がある

 陣の奥には、巨体の存在が目をつぶり、精神統一しているようだ

「羽生か」「ハッ! 鬼徹様、戦の準備が整いました」 五鬼将の一人、羽生が鬼徹に声を掛ける

「そうか……今度こそ、我々鬼人族の悲願を果たすときが来たわけだな」「はい! それで、どっちから攻め滅ぼしますか? クレアシオン王国か、それともリンドバーク帝国か」「報告では、帝国には彼奴がいるらしい……この間の借りはすぐに返す」 鬼徹は2メートル近くある愛刀の鞘を顔の前に突き出し、グッと握る

「ハッ! それでは、全軍に指示を出して参ります」 羽生が姿を消すと、鬼徹はゆっくり立ち上がった

「今度はあのときのようにはいかんぞ、一斗」 300年続いた平穏が、今まさに崩れようとしていた

暗くなって、皆が鱗の先端に身体を縄で縛り付けて寝始めた

荷物も同じように縛り付けて滑り落ちないようにしている

俺はモグレムをあっさり殺した後味がまだ消えずに胡坐をかいて、暗闇をずっと見つめ続けている

やはり、話も聞かずに殺したのは間違いではなかったのか

あなたも好きかも:パチスロ 勝てる台
そんな気持ちの悪い瘤のような重さが心の中に染みついて消えない

あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳7 転生 評価
いくら、俺たちが先に進むために必要だったとしてもいかに悪辣な存在だったとしてもその命と引き換えにするほどだったか?黙っていると「シャシャ……悩んどるなぁ

 悩め、悩め、わしの最後の愉しみになる」と頭の中に不愉快な高低入り混じった声が響く

なんだ、この声……