ジャックポット 確率

ジャックポット 確率

少なくとも妖精に対して悪い扱いをしていないことはわかる……だが、かといって信用できるかと言えばお前の住んでいる場所も知らない、普段の生活も知らない、知らないことが多すぎるのだ

だから簡単に信用できない、多少信用できる点があっても信用しきれない……そこで提案がある」「提案?」 シルヴィスは公也に一つの提案をする

これを行えば公也が妖精の味方である……絶対にそうであるとは言い切れないが、そう言えるくらいのことである、そんな内容の提案である

「今回の人間の襲撃を退けてほしい」「……退ける、撃退でいいな? 殲滅は流石に少しな」「それで構わない

今回妖精境に人間が来た原因の一端はお前にある

あなたも好きかも:パチンコ 不調台 爆発
まあこちらも悪くはある

しかしやはりお前が来なければここまでは来ていないだろう

だからその撃退を頼みたい

あなたも好きかも:船橋 パチンコ イベント
だがそれだけの意味ではない

人間であるお前が妖精を守るために人間に敵対する、その事実が重要なのだ

人間に敵対してでも妖精を守ろうという意思を見せる、それであれば儂ら妖精もお前が本気で妖精を守る意思があるのだろう……そう考えてもいい」「なるほど

妖精を実際に守れば確かに妖精を守る意思は見せられるか」 人間同士で争わないわけではないということはシルヴィスもわかっている

あなたも好きかも:ポケットキャンプ スロット
利益の関係で公也が妖精の売買による利益を独占するため他の人間を追い払う、その可能性はある

まあそれは最初から公也がどうにでもできたという点でそういうことをするつもりがないだろうという推測は立っているわけである