パチンコ 北斗無双 エイリアン保留 確率

パチンコ 北斗無双 エイリアン保留 確率

あなたも好きかも:黄門 ちゃ ま パチンコ やめ どき
「ま、魔法も四重!? 器用な真似をしますね! だがそれが魔法の類なら……、――っ!?」 魔法を見たノスフィーは、旗の光で僕の『血』に働きかけて『相殺』をしようとする

しかし、同じ魔法を用意できたのは僕の《ワインド・アロー》と《ディヴァインアロー》だけだった

『ヘルヴィルシャイン家の聖双剣』から放たれた三つ目と四つ目の魔法は『相殺』に至れていない

 慌ててノスフィーは魔法の矢を棒で叩き落す

あなたも好きかも:ガルパン スロット 継続率
「無駄だ、ノスフィー! こっちの力は『血』から溢れ出てなんかいない! 『血』よりも奥深く、このヘルヴィルシャインの魂から溢れ出てるんだぁあああ――!!」 僕の魔法でないのだから、僕の『血』では処理できない

 そんな当たり前のことを、とてもわかりやすくノスフィーに説明する

「は、はあ!? 意味がわかりません――!!」 だが、ノスフィーは困惑顔で理解不能であると言い返し、迫り来る魔法を体術でかわしていく

 ようやく、受けに回った彼女を、僕は容赦なく一気呵成の勢いで攻め立てる

あなたも好きかも:嵐と松本 パチスロ
 左右どころか、上下からも振るわれる二対の双剣は、ノスフィーの顔から余裕を奪っていく

「くぅっ、太刀筋一つ一つに個性がありすぎる! まるでわたくしの騎士を三人同時に相手しているかのような……! もしや、この剣の機能はっ――、な、ならば――!!」 ノスフィーの旗の光を別の箇所に集中させる

次の対象は僕でも『血』でもなく、いま僕たちが手に持っている四本の『剣』たちだった

 だが、それならば関係ない

 全ての剣に、確かな意思が宿っていると僕は確信している

 誰かは確信できなくとも、それがノスフィーと敵対する意思であると知っている

だから、僕は遠慮なく剣を振るい続ける