ハワイアンドリーム カジノ 確率

ハワイアンドリーム カジノ 確率

予知の穴を抜けた攻撃にいちいちパニックを起こしていては、予知を使う人間が多い西に戻ってやっていけないだろうという小百合の心遣いだ

「あの人はあの双子のことになると妙に親切よね」「ものすごく子供のころから知ってるらしいからな

多少は思い入れがあるんだろ」小百合は土御門の指導に関してはかなり熱心だ

あなたも好きかも:スロット モンキー ターン ゾーン
それこそ直弟子である康太たちよりも熱心に指導しているといえるだろう

康太たちはある程度雑に扱っても問題ないが、土御門の双子に関しては雑に扱うと壊れかねないので丁重に扱っているという印象だ

あなたも好きかも:スパイダーマン スロット 天井
直弟子の康太としては複雑な気分である

「ちなみに、予知を封じた状態での双子の勝算は?」「六割から七割ってところじゃないか?船越君たちもだいぶ強くはなってるだろうけど、それでもやっぱり素質面での優劣は大きいし、師匠と訓練してたっていう経験面でも差はある

どうしたって双子有利には変わりないだろ」「でも三割四割の確率で負けると思ってるのね」「そこが問題なんだよ

あれだけの素質差があって三割四割負けるっていうのはかなりひどい状態だぞ?そんだけあの二人の癖が強すぎるんだ」予知と違うことが起きると発生してしまうパニックは、長年予知を使い続けたことによる弊害だ

予知の魔術は強力ではあるが万能とはいいがたい

それを二人も理解しているだろうが、どうしてもそれに頼ってしまう

一度普通の魔術師と同じ状態にでもしない限りその癖が完全になくなるとは思えなかった

「ちなみにさ、普通に訓練してる時も予知なしはやってみたのよね?」「もちろん

けど瞬殺だった

俺らじゃ訓練にならん」「あぁ・・・そう」土御門の二人は予知を使ってようやく小百合と康太の訓練についていける状態なのだ

これが予知がなければ普通に瞬殺される程度の実力しか持たないのである

だからこそ小百合は予知をなくした状態でも同じように、あるいは最低限戦えるように訓練してやりたいのだろう

「それで船越君たちに相手をしてもらうってことね」「そういうこと

今回の訓練は土御門二人だけじゃなくて船越君たちの訓練でもある