blood スロット 女王血戦

blood  スロット 女王血戦

自分の体に少しずつ黒い痣ができていることに、康太は気づかなかった

侵食するかのようにできていくその痣は、少しずつ、だが確実に大きくなっていく

「『あ・・・あぁぁぁあぁあああああぁぁあああああぁぁああぁぁあぁあ!』」康太の叫びと、誰かの叫びが重なる

あなたも好きかも:スロット 裏 攻略
憎しみが体の中に満ちていく

その憎しみがいったい誰に向けられているのか、康太は理解できなかった

あなたも好きかも:パチンコ アルバイト 外国人
何を恨めばいいのか、何を憎めばいいのか、何に怒ればいいのか

このような不条理を突きつけたものが誰なのか、このような絶望を与えたのが誰なのか、考えることもできずに、康太は叫ぶ

その絶叫を放つのは康太だけではない

憎しみで心を汚し、怒りで理性を焦がし、喪失感で自らの存在そのものさえかき消してしまいそうなほどに、その声を張り上げることで自分の意思を保とうとしていた

あの時のように

あの時のままに

あなたも好きかも:パチスロ シンフォギア 打ち方
康太の体から洩れる黒い瘴気が、その体も覆い隠そうとしている中、康太の体からわずかに光が放たれる

その光は康太の体から放たれる稲光だった

黒い瘴気を引き裂くように走る稲妻が、康太の周りをわずかに照らすと同時に、その声が届く