v プリカ 有効 期限

v プリカ 有効 期限

アスラを撃ち落とした魔法ですら、多大な精神力を消耗している

ヘイル砦を破壊したときなどは、全生命力を消費し尽くしたのではないかと思うほどの消耗を感じたものだ

生命の危機に瀕するほどの消耗

あれから魔法の発動に消極的になったのは、いうまでもない

 死は恐ろしくないが、死んでしまっては元も子もない

あなたも好きかも:パチンコ 正社員 きつい
「魔法……」 アスラが、空を仰ぎながら、つぶやいた

 空から降り注いだ光のことを思い出しているのかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ 景品交換所 場所
「そう、魔法」 あのとき、ミリュウに垂直落下してきたアスラを撃ち抜いた光線の雨こそ、ミリュウがいう魔法だった

アスラとの戦闘が始まるやいなやラヴァーソウルを振り回し、刃片を飛ばしたのは、呪紋を構築するためであり、無論、それは窮地に陥った場合を想定してのことだ

ラヴァーソウルの磁力刃だけでも戦えるのならばそれに越したことはなかった

あなたも好きかも:まどか 反逆 スロット
 魔法は、消耗が激しすぎる

 それでも魔法に頼らざるを得なくなったのは、ラヴァーソウルの能力が無力化されたからであり、もし、空王の結界の範囲が広大で、呪紋構築中の刃片までも影響下に入っていれば、お手上げだったのは間違いない

もちろん、そのときはそのときで別の手段を考えたが、幸運にも別の手段を取る必要はなかった

そして呪紋はミリュウの命令通りに組み上がり、魔法が発動したというわけだ