人狼ゲーム テーブルゲーム

人狼ゲーム テーブルゲーム

「ラウラ、エコーロケーション」「了解(ダー)」 右手を頭に当て、軽く目を瞑るラウラ

彼女の頭の中にあるメロン体が生成した超音波が、熱風に乗って砂漠へと広がっていく

あなたも好きかも:京都 駅近 パチンコ
 彼女の超音波で探知できる範囲は半径2km

あなたも好きかも:パチンコ ラブ 嬢 キャスト
それ以内の範囲ならば自由に調節できるんだが、範囲を広げれば広げるほど索敵の精度が下がってしまうという欠点もあるため、この距離で敵の人数を決めつけてしまうのは早計だ

とりあえず索敵の結果を目安にして作戦を立てつつ接近し、正確かつ確実に索敵できる距離でもう一度索敵を頼むしかない

「検問所は2人

見張り台の上に1人と、見張り台の下に3人

基地の裏側には5人

それ以外は建物の中」 やけに数が少ないな

あなたも好きかも:牙狼 オープニング パチンコ
尋問中だからなのか? それとも、本当に規模の小さい基地だからそれほど人員がいないという事なのか? 敵の数が少ないのは僥倖だが、まだ油断するわけにはいかない

基地の騎士たちが魔物の討伐で出払っていて、潜入中に帰ってくるという可能性もあるのだから

 ひとまず、接近しよう

「ラウラ、先行して接近してくれ

そしたら再度エコーロケーションを

ノエルは俺についてこい」「了解(ダー)」「了解(ダー)!」 双眼鏡を下げ、AK-12を構えた瞬間、俺の隣に立っていたラウラの姿が一瞬で消えてしまう

微かに冷たい風が熱風を緩和したと思った瞬間には、誰もいない筈の場所にいくつも足跡が穿たれ始めた