狂竜 スロット

狂竜 スロット

いつまで戸惑っているんだ

それよりも、例の件は可能なのだろう」「・・・・・・ああ

面倒なのは確かだが、上手くやればいままでにないものが作れるのは確かだな」「そう

それはよかった」 ダッカの返答に、考助は満面の笑みを浮かべた

  考助がわざわざダレスに頼んでまで鍛冶師であるダッカを呼んでもらったのは、とある武器を作るためだ

 その武器というのは、通常の剣と魔法陣を合わせて作った、いわゆる魔法剣のような剣である

あなたも好きかも:ルーレット 水平チェック
 考助がダレスを通じて渡した資料には、魔法剣の作り方を記した手順のようなものを書いてあった

 それを読んでもらって、作れると判断して信頼できる者を選んでもらうようにダレスには言っておいたのだ

 そして、ダレスに選ばれて管理層まで来たのがダッカということになる

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 マルハン
 以前シュレインのために同じような製法で錫杖を作ったことがある考助だが、残念ながら鍛冶は専門性が高すぎて素人が手を出せる分野ではない

 ほとんど寿命を気にしなくていい現人神なのだから、いずれはその技術を身に着けることもあるかもしれないが、今すぐに良い武器を作ることは不可能だ

 そのため、わざわざ興味を持ってくれる職人を選んでもらったというわけである

 錫杖の場合と剣の場合は根本の作り方が違っていて、どうしても剣の場合は専門的な技術が必要になるのだ

あなたも好きかも:cc コードギアス スロット
 技術的な話を始めたからか、ダッカもいくらか考助と話をすることに慣れて、そのあとはスムーズに話が進んだ

 勿論、スムーズといっても、もともと鍛冶には不慣れな考助が作った資料だったので、いくつかの手直しは必要だった

 とはいっても、計画自体が中止になるようなものではなく、その場で修正するだけで済んでいた

 結局、話し合いは二時間ほどで終わることとなり、無事に計画が進むことになるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 考助とダッカの合作で、剣が作られること半月後

 管理層の会議室に集まった以前と同じ面々は、机の上に乗った一振りの長剣を前にして驚きの表情になっていた