北斗無双 パチンコ 甘

北斗無双 パチンコ 甘

そして潔くも造ったものに執着は持たずにいたが、大切に作り上げた世界を壊したくない気持ちを持つのは当たり前だ

しかも、その壊す予定の世界を預けるのに、何かと本人が無自覚に内に悪い評判が身贔屓の為に立っている幼い女神に委ねる

こんな事をして、何になるというのだ)星の天使が飛び立った宵の空に背を向け、翁の姿で杖をつき高所の自分の館に繋がる、秩序の花が咲き乱れる道を進む

―――ルシフェル様の存在は、もうこの世界の枠を越えて知れ渡っているというのに

―――我が子に等しい、素晴らしい天使の顔に泥を塗るようなものだ

あなたも好きかも:シンデレラ ブレイド スロット
好好爺を表現するシワの刻まれた口許から、同列いるはずの神に対して、苦言を漏らす

始まりの素(もと)になった力が、その父なる神の1つだとしても、そこから芽吹いて延びたものは、世界に渡ってに値をはり 場所を取る

星の天使が任されて造った世界も、そうして他の世界と関わりを持ち広がってしまった

あなたも好きかも:パチンコ 銭形平次 高尾
それを無くしてしまうということは、場所を造り出来た繋がりや物語を絶つことになる

―――それは、世界がもう認めまい

あなたも好きかも:パチンコ 連敗 地獄
ベルゼブルを筆頭に異国の神々もルシフェルの存在を認知し、その世界で多少姿や役割を変えながらも"星の天使"として、暦に刻まれている

だから"始まり"を与えてくれた存在に"終わり"を告げられたとしても、おいそれと従う選択は出来ない、そんな状況からの堕天の始まり

(―――絃の音が止んだ)鎮魂歌の様に聞こえていた、音が止んだなら自分が穢れを焼き払われながら、いつのまにか遠い過去に想いを馳せていたことに気が付いた

「……また、謀られたか」相変わらず額をアプリコットの掌底に圧され込まれたまま、小さく呟いた時、再び高所から銃声が響き渡ると同時にベルゼブルを抑え込むアプリコットの身体が小さく揺れる

「記憶を吸い取る能力は旅人と契約を交わした、此方の十八番(おはこ)とばかりに捉えていたが、過信していたらしいな」「――――」「――――?」敵として対峙するアプリコットから、自分が潜めていた記憶を、異国の女神の奏でる鎮魂歌と共に見事に、引きずりだされて、何か"勝鬨(かちどき)"の様な言葉がかけられるぐらいに思っていた

けれど、そんな言葉は出てこず、ベルゼブブである自分の穢れを削る力は相変わらずだが、抑え込む力は先程の小さな揺れから僅かに弱まった

「―――っひ」突如、喉に引っかかりでも出来たような声が響いた

続いて、顔面を圧され灼熱と例えて過言でもない、迦楼羅炎の中に包まれているのに、人肌の温みがある雫が、異国の神の器になっている人の豊齢のシワの間に沈む

哭(な)いているのが、判った