パチンコ 新台 サンセイ

パチンコ 新台 サンセイ

 寝そべってるユッコネエの前で、普段通りのジンライと、「目の前に師匠いたー、焦ったー」と口にしている弓花と、ジンライをやや頬を赤らめて見ているイリーサがいた

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 新台
気の多い娘がひとり混ざっているが、特に何かあるわけでもない

多感な年頃なのだろう

あなたも好きかも:バカラ 勝つ
 そして風音たちがいつも通りに早朝訓練を終えて宿に戻ると、ジンライの幼なじみである可愛い系お婆さんのミルラが朝食を用意して待っていた

宿に人が多く泊まるとこうして手伝いに来ることもあるらしい

 もっとも今は風音たちしか泊まっていないし、人手が足りないということもない

久方ぶりにジンライと話したかったのかな?と風音は考えたがそれが正解だろう

「ジンライさんの子供の頃ってどんな感じだったの?」「そうねえ

修行って言っていつも山を駆けてたのよ、この人」 朝食の途中、風音から投げかけられた質問にミルラがそう返す

あなたも好きかも:パチンコ 爆発 前兆
「むう」 ジンライが眉をひそめる

恥ずかしいらしいが今とあまり変わってないよね……と風音は思う

「クロエ姉さんに勝つんだって言ってね

結局村を出る最後の日でようやくそれは叶ったのだけれど」 今もライノクスを目標に(一勝はしたと風音は聞いているが)特訓中である

やっぱりあまり変わっていない

「ミルラ、その話はこのくらいでな」「はーい」 ペロッと舌を出してクスクスと笑うミルラは年寄りであるが、可愛らしい人であった

若い頃は村の男性が全員ホレていたほどだが、いつだって一人の男に寄り添っていた

男が去った後でも、その想いは変わらなかった

「へぇ、師匠って昔から修行漬けだったんですねえ」 ボリボリとキュウリっぽいものを食べながら弓花がそう言う

するとミルラにギロリと睨まれた