シンフォギア スロット 仮天井

シンフォギア スロット 仮天井

(…………焼き菓子?)「ネア?!」そう思って、無防備にも落ちてきた方に視線を向けようとしてしまって、慌てた魔物の声を聞いた

魔物の王も振り返ってくれたので、ほっとして同じように視線の先を辿る

リーエンベルクの正面にある一部屋の窓が開け放たれ、そこの窓枠から身を乗り出すようにして、一人の少女がこちらを見下ろしていた

あなたも好きかも:パチスロ 無抽選
王宮の窓の造りは装飾が多く特殊だ

そうしなければ届かなかったのか、足をこちらに下げるようにして、危うい体勢で窓際に腰かけている

けれど、そんな体勢でいても尚、その少女はどこか上品だった

妙な言い回しになるが、行儀よく窓枠に腰かけている、という印象を受ける

あなたも好きかも:イケメン パチンコライター
どうやら足元の焼き菓子は、彼女が魔物に向かって投げつけたらしい

あなたも好きかも:カジノ・ロワイヤル 金玉
「ディノ、飾り木はみんなで楽しむものです

悪さをしてはいけません!」そんな少女が、言い訳も許さない容赦のなさで、魔物の王をぴしゃりと叱りつける

穏やかに微笑んではいるが、多分あの目は笑っていない

声も、さほど張り上げてはいないのに、朗々とよく響いた

(そうか、元々王宮だから王族の声が通るような設計なのか)彼女の腰かけた窓の下の部屋は、かつての王族が姿を見せていたであろうバルコニーの部屋がある

緩やかな曲線を描くリーエンベルク中央の設計そのものが、王族の声を拡散する為の仕掛けにもなっているのだろう

「ネア、危ないから部屋に戻って」「…………む

一人で部屋の奥に戻ろうとすると、スカートが大変なのですが」そう言って少女がつまみ上げたのは、ボリュームのあるドレスのスカートだ